​What's Tisane

ティザンとは

​2600年の歴史

フランスでハーブティーのことをTisane(ティザン)といいます。古代ギリシア語のPtiseneからきた言葉です。古代ギリシア人が古くから薬用ハーブを水またはお湯に寝かし飲んでいた由来があります。

2600年前ギリシア人がプロヴァンスに入りその文化を伝えたのが始まりです。

プロヴァンスの名物となった理由

プロヴァンスは南に地中海、東にアルプスをめぐり、雨がほとんど降らないと言われており、年間で300日ほど晴れ日があります。この地域では品質の高い薬用植物が多く育ちます。

非常に乾燥している土地に耐えられるプロヴァンスの植物は香りが強く栄養価が高い(地中海からの栄養も)といわれています。

プロヴァンスのヨーロッパ認定認証IGPの植物はレモン、タイム、ラベンダーなどハーブが数多くあります。

その為プロヴァンスのハーブティーがフランス中に広がり古くから名物となったのです。

その中には健康に効果のあると言われるレシピーが多くあります。

フランス人のあいだでは”プロヴァンスに旅をして太陽を浴び、ハーブティーを飲むとリラックスできる”と考えられています。

現地の人々は古くから「ティザンタイム」を大事にしています。

ティザンは自然の力で感覚を覚まし、体力を復活させる必要な時間なのです。

※【ヨーロッパ認定認証IGP】
EU(欧州連合)が認める農産物の「ご当地生産物」の基準を意味します。

Landscape_Provence_France_1.jpg